那須塩原市湯本塩原のスキー場「ハンターマウンテン塩原」が4日、県内トップを切って今シーズンの営業を始めた。県内外から約1200人が訪れ、スキーやスノーボードを楽しんだ。

オープンしたコースは、明神岳(標高1638メートル)山頂近くの上級者用「ウォールストリート」(全長600メートル、幅45メートル)。人工降雪機で積雪50センチにした上に、3日夜から15センチの新雪が積もった。

妻と子どもの4人で小山市からやってきた会社員、森田和昭さん(30)は家族
でスノーボードを初滑り。「気分は爽快」と新雪の感触を満喫していた。

残りの11コースは順次整備され、年内に全コースがオープンする予定。営業期間は来年4月10日まで。問い合わせは同スキー場(電話0287・32・4580)へ。
(毎日新聞)