むろらん高原だんパラスキー場(室蘭市香川町)では、23日のオープンに向けた準備が着々と進んでいる。例年より早くシーズン券の販売が始まったほか、同スキー場で行われるスキー学校などの日程も固まりつつある。

今季は同スキー場などが加盟する「北海道スキーシーズンネット」に対応して、11月10日からシーズン券の販売を開始した。すでに愛好者を中心に購入が進んでおり、順調な滑り出しのよう。

シーズン恒例のスキー学校は室蘭スキー連盟が主催する。12月27〜30日の「年末コース」を皮切りに、「正月コース」(来年1月2〜5日)など複数用意。スノーボードの教室やイベントも数回予定されており、ウインタースポーツシーズンが本格化する。
また、同スキー場のホームページが今季から稼働。ゲレンデ情報やアクセス、リフト料金など詳細を掲載している。WEB割引もある。

11月下旬の本格的な“冬将軍”到来で、師走入りとともにゲレンデが雪のじゅうたんに早変わりした。ほぼ全面で覆われており、あとは23日のオープン予定日に向けて、十分な降雪を待つばかりだ。

問い合わせは同スキー場、電話0143・43局5600番へ。
(室蘭民報)



【関連記事】
室蘭・だんパラスキー場が初HP、ゲレンデ情報など掲載
室蘭・だんパラ、道内のスキー場と連携し割引特典実施