うっすらと雪化粧した天元台高原スキー場。初滑りはお預けとなった=米沢市 米沢市の天元台高原で20日、県内で今季最初となるスキー場開きを兼ねた冬山安全祈願祭が行われた。しかしゲレンデの積雪はまだ少なく、リフトの営業は見送りに。初滑りはお預けとなった。

この日午前6時半の積雪量は5〜10センチで、気温は2度〜氷点下3度。先週から一定の降雪があるが、粉雪のため積もりにくいという。雪質は良好で、スキー場を運営する天元台は「まとまった積雪があればすぐにオープンできる」としている。

祈願祭には観光やスキー場の関係者など約100人が参加。神事を行い、関係者たちが玉ぐしをささげて今シーズンの無事を祈った。スキー場の営業は来年5月8日まで。
(山形新聞)