中島美嘉オフィシャルホームページレコチョクが、ユーザー投票による「冬の名曲ランキング」を発表した。投票期間は11月2日〜16日。有効回答数は1,040票。

投票の結果、最も票を集めたのは、2003年にリリースされた中島美嘉の「雪の華」となった。

「曲の雰囲気も本人の雰囲気も、冬のどこか切ない感じにぴったり(20代・男性)」「雪の結晶を連想させるまさに冬の歌(40代・女性)」など、「冬にぴったり」という声が多数寄せられた。

摂氏0度以下の現場で撮影されたというビデオクリップの影響も大きかったのではないだろうか。
2位には、レミオロメンの「粉雪」がランクイン。ドラマの挿入歌としてヒットしたこの曲には、「スキー場で必ず聴く曲(10代・男性)」、「ドラマを思い出してホロっとくる(10代・女性)」などのコメントが寄せられた。

3位にはBUMP OF CHICKENの「スノースマイル」がランクイン。トップ3はいずれもタイトルに“雪”が入っている楽曲となった。

■冬の名曲ランキング
1位 「雪の華」中島美嘉(2003年)
2位 「粉雪」レミオロメン(2005年)
3位 「スノースマイル」BUMP OF CHICKEN(2002年)
4位 「Lovers Again」EXILE(2007年)
5位 「Dear Snow」嵐(2010年)

(RBB TODAY)