昭和40年代の大湯付近の風景。このころはすでにスキー客が訪れるようになっていた(野沢温泉提供)■湯治場から本格リゾート地に発展

冬になると3メートルを超す雪が積もるという長野県野沢温泉村。かつては湯治場としてにぎわいをみせたが、大きな発展をみせるようになったのは、村にスキーが入ってきてからだった。

スキー愛好家の若者たちによる「野沢温泉スキー倶楽部」が、結成された翌年の1924年に法政大スキー山岳部を誘致して以来、鉄道網の整備も相まって村には多くのスキー客が訪れるようになった。

さらに50年にリフト第1号機が建設されたのを皮切りに、その後もリフトの拡充整備やゲレンデ整備が相次ぎ、本格的なスキーリゾートとしての発展を目指す中、スキー客も年を追うごとに急増した。

しかし、もとからある温泉旅館だけでは急増するスキー客の“受け皿”が足りない。このため、周辺の民家にスキー客の宿泊を頼んだ。これが“野沢温泉名物”ともいえるスキー民宿の始まりだった。

野沢温泉の外湯「大湯」。スキー客が冷えた体を温めにやってくる(野沢温泉提供)次第に農閑期には「民宿」の看板を掲げる民家が増えていった。女性は旅館、民宿の手伝い、男性はスキー場の仕事−。村ではこれが当たり前となった。

経済基盤が整うとともに、道路や下水道など、インフラ整備も進んだ。特に下水道では、62年に下水処理場が建設された。

増大するスキー客により屎尿(しにょう)の量も増え、旅館などのくみ取りを人力で行うには限界があったことから、県内4番目の早さで下水道が整備された。

また76年には、「野沢温泉スキー資料館」がオープン。79年に「日本スキー博物館」と改称したこの施設は、スキー専門の博物館としては日本初だ。戦前、戦後のスキー用具など、1万を優に超える展示数を誇り、スキーの歴史をいっぺんに振り返ることができる。

スキー博物館の館内にはさまざまなスキーやウエアなどが収蔵されており、日本のスキー史をたどることができる(野沢温泉提供)さらに野沢温泉スキー場は、95年にはインタースキー(世界スキー指導者会議)でメーン会場、98年の長野五輪では会場の一つに選ばれ、「野沢温泉」の名前は世界的に広がっている。これに伴い上信越自動車道や北陸新幹線が長野市まで開通して首都圏などからのアクセスも飛躍的に向上している。

「合言葉は『雪国文化の開発は、スキーに如かず』だ」

野沢温泉の河野博明社長はこう強調する。100年にわたりスキーとともに発展してきた温泉村は、次の100年もスキーとともに歩み続ける。
(MSN産経ニュース)



【関連記事】
銀嶺のシュプール 日本のスキー100年 (7−6)
銀嶺のシュプール 日本のスキー100年 (7−5)
銀嶺のシュプール 日本のスキー100年 (7−4)
銀嶺のシュプール 日本のスキー100年 (7−3)
銀嶺のシュプール 日本のスキー100年 (7−2)
銀嶺のシュプール 日本のスキー100年 (7−1)