参考画像

週末の渋滞も気にせず、まっさらスノーの“朝イチスキー”で気分爽快!
真夜中発〜朝イチ銀世界行き!!
〜スキー・スノーボード専用夜行列車〜
“スノーパル23ニーサン:55ゴーゴー”を運転します

東武鉄道(本社:東京都墨田区)と東武トラベル(本社:東京都墨田区)では、本年12月25日(土)から来年3月19日(土)までの金・土曜日を中心に、全座席指定のスキー・スノーボード専用夜行列車「スノーパル23:55(ニーサンゴーゴー)」を運転します。

この列車は、浅草駅を23時55分に出発、途中、北千住・新越谷・春日部に停車し、野岩鉄道の会津高原尾瀬口駅まで直通運転する私鉄で唯一の夜行列車で、週末の高速道路の渋滞も気にすることなく、環境にもやさしい列車として今年も運転します。

会津高原尾瀬口駅からは専用連絡バスで福島県南会津町の“たかつえスキー場”または“だいくらスキー場”へ直行し、スキー場には早朝に到着しますので、さらさらのパウダースノーが実感でき、一日たっぷりスキーを楽しむことができます(復路は自由乗車となります)。
同列車は完全予約制で、乗車駅からスキー場までの往復割引運賃と特急料金、連絡バスの往復割引運賃、およびスキー場の一日リフト券などがセットになっています。

また、お客さまのニーズに合わせ、レンタル用具のセットプランや、初心者スクールをセットにしたプランもご用意しました。

スノーパルへの参加申し込みをされたお客さまには、お申し込みの際にスタンプカードをお渡しします。スタンプを集めていただきますと、3回目で昼食券のプレゼントや6回目で旅行代金が1,000円でご利用いただけるなど素敵な特典もあります。

同列車は女性専用車両も設けており、女性のお客さまにも大変ご好評をいただいているほか、全席にブランケット(ひざ掛け)とスリッパ(車内用)もご用意しました。
概要は別紙のとおりです。


以上


<お問い合わせ先>
東武鉄道お客さまセンター03−5962−0102