長野県野沢温泉村の「野沢温泉スキー場」のゲレンデ。一面に広がる銀世界が幻想的だ(野沢温泉提供)■野沢温泉村民が育てたビッグスノーエリア

長野県と新潟県の県境近くにそびえる毛無山(けなしやま)。「野沢温泉スキー場」(長野県野沢温泉村)は、標高1650メートルもの高さにあるその山頂から3本の尾根沿いにふもとの野沢温泉に向かって大きく広がる。

標高差1085メートル、総面積785ヘクタール、最大斜度39度と、日本屈指の“ビッグスノーエリア”として名をはせている。

この野沢温泉にスキーが伝わったのは、スキーが日本に発祥した翌年の1912年。旧制飯山中学(長野県飯山市、現飯山北高)が新潟県でのスキー講習に参加したことによるものだった。

その後、23年になるとスキー愛好家の若者たちが「野沢温泉スキー倶楽部」を結成、大学などの団体客誘致に乗り出し、翌24年には法政大スキー山岳部を呼び込んだ。野沢温泉スキー場の開場だった。
長野県野沢温泉村の「野沢温泉スキー場」。ピーク時には行列が絶えない(野沢温泉提供)本格的なスキーリゾートとして集客力を高めていくきっかけになったのは、リフトの整備だ。50年に第1号となるリフトが完成。これは国内3番目、民間によるものとしては群馬・草津に次いで2番目だった。

その後も54年には第2リフト、59年には第3リフトと次々と拡充され、発展を続けていった。

当時は折しも高度経済成長期。レジャーの概念が浸透し始め、スキーにも人気が集まり、ファッション性や遊びの要素が求められるようになっていた。

ただその人気とともに各地では新しいスキー場がオープンし、野沢温泉にも一般企業から開発目的の土地買収やリフト建設の申し込みが相次ぐようになった。

野沢温泉ではスキー倶楽部がリフト建設やゲレンデ開発・整備などスキー場経営に当たっていたが、「歴史と伝統が村外資本に撹乱(かくらん)されてはならない」と、63年にスキー場の管理経営権を村に委譲することを決定した。

昭和初期の「野沢温泉スキー場」。すでに食堂が出店していた(野沢温泉提供)「村営スキー場」となった後も、79年には“東洋一”と呼ばれた全長3520メートルのゴンドラリフトが建設されるなど整備拡充が相次ぎ、現在でも国内屈指のスキー場の地位を不動のものにしている。

しかしバブル経済が崩壊し、レジャーも多様化する中で、スキーは“冬の時代”に突入。野沢温泉スキー場も例外ではなく、2005年からは村民出資の新会社「野沢温泉」が管理運営に乗り出している。

「日本のスノーリゾートの歴史の見える村民が育て上げたスキー場」(河野博明社長)。スキー発祥とともに歩んできた野沢温泉スキー場は、スキー100年を機にさらなる飛躍を目指す。
(MSN産経ニュース)



【関連記事】
銀嶺のシュプール 日本のスキー100年 (7−5)
銀嶺のシュプール 日本のスキー100年 (7−4)
銀嶺のシュプール 日本のスキー100年 (7−3)
銀嶺のシュプール 日本のスキー100年 (7−2)
銀嶺のシュプール 日本のスキー100年 (7−1)