防水耐衝撃のタフネスケータイ「N-03C」、BURTONモデルも 「N-03C」(NECカシオモバイルコミュニケーションズ製)は、耐衝撃性能や防水・防塵性能を備えたFOMA端末。PRIMEシリーズの1つで、2011年1月に発売される予定。

弾性素材のプロテクターを四隅に配した耐衝撃構造で、MIL規格(アメリカ国防省制定の評価基準)に準拠した試験をクリアしている。フロントケースにはステンレス板を、ディスプレイには強化ガラスで有名な「Gorillaガラス」を採用し、強度を高めているという。

また、表面にもハードコードが施されている。IPX5/IPX8準拠の防水仕様、IP5X準拠の防塵仕様も備え、アウトドアなどで安心して利用できる“タフネスケータイ”となる。たとえばバッテリーカバーは回転式ロックノブ構造で、衝撃を受けても外れにくい。
防水耐衝撃のタフネスケータイ「N-03C」、BURTONモデルも カメラはオートフォーカス対応で、約810万画素のCMOSセンサーを採用。センサーはソニー製の「Exmor for mobile」となる。起動が0.5秒で、撮影間隔0.6秒の「クイックショット」が利用できるほか、最大ISO25600の高感度撮影に対応。クイックショット時にも、手ブレ補正やスポーツモードを利用できる。感度を上げて手ブレを抑える、高感度ブレ補正も搭載する。

N-01CやN-02Cと同様、QVGAサイズでの108枚連写や、ベストフォト自動抽出などもサポート。動画撮影は、1280×720ドットのハイビジョン画質をサポートする。動画撮影時のフレームレートは30fpsとなる。

スピーカー再生時の音響を補正する「Audyssey」の技術を採用し、環境に応じて高品質な音の再生を実現する。イヤホン装着時には「ドルビーモバイル」も利用でき、臨場感あふれる音質で、音楽やワンセグを楽しめる。音楽再生フォーマットのMP3もサポート。

通常のFOMA端末とは異なり、MP3ファイルの転送には専用ソフトが不要となる。楽曲は、パソコン上でmicroSDカードのフォルダにドラッグ&ドロップするだけよく、手軽に手持ちの楽曲を取り込むことができるのが特徴だ。従来どおり、Windows Media Playerを利用した楽曲転送も行える。

3.2インチディスプレイを装備するほか、おサイフケータイ、Bluetooth(HSP/HFP/A2DP/AVRCP/DUN/OPP/SPP)、GPS(オートGPS)に対応する。3GとGSMでの国際ローミングも可能。FOMAハイスピードに対応し、上り最大5.7Mbps、下り最大7.2Mbpsとなる。

防水耐衝撃のタフネスケータイ「N-03C」、BURTONモデルも Wi-Fi機能は用意されていない。ソフト面では、N-01Cと同様、メールの「かんたんデコメ」や「フォント変換」をサポート。辞書の充実化や「iWnn」の性能向上も図られた。

大きさは113×51×19(最厚部23)mm、重さは158g。連続待受時間は約620時間、連続通話時間は約240分(いずれも3G利用時)。ボディカラーはRED、BLUE、BLACK、BURTON WHITEとなる。

このうちBURTON WHITEは、ボードやウェアを展開するスノーボード関連ブランド「BURTON」とのコラボレーションモデル。フロントパネルには、BURTONのロゴが大胆にデザインされているほか、決定キーには雪山がデザインされた。

キーの「B」がBURTONのロゴになっていたり、ドライブモードの車にキャリアがついていたりといった遊び心も、随所に散りばめられている。カメラ周りには「WE STAND SIDEWAYS」という、BURTONのコーポレートメッセージが刻印される。

待受画面やメニュー、電池、電界アイコンといったプリセットコンテンツも用意されるほか、スノーボードの國母和宏選手のボイスを用意。おなじみの調子で、電話やメールの着信を知らせる、ユニークなコンテンツに仕上がっている。なお、「ひつじのしつじ」もBURTONのウェアを着用している。
(ケータイWatch)