今季の開業準備が遅れている大鰐町の大鰐温泉スキー場で6日、草刈り作業が始まった。

大鰐スキー倶楽部(山田弘会長)の会員ら約20人がボランティアで参加し、大会の会場となる滝の沢シャンツェ周辺とクロスカントリーコースの背丈ほどに伸びた草を機械で手際良く刈っていった。
(東奥日報)


【関連記事】
大鰐温泉スキー場:「国際」のみ、直営で 町長が方針決定 今季から /青森
大鰐温泉スキー場:「国際」だけ営業へ 山田町長、町の財政負担軽減狙い /青森
大鰐温泉スキー場運営問題 大鰐町長選 山田氏が初当選 同数くじ引きで /青森
大鰐温泉スキー場:ゴンドラ、2月に追突事故 町三セク「軽微」と報告せず /青森