スロープスタイル国際オリンピック委員会(IOC)は23日、メキシコのアカプルコで25日に開く理事会で、2014年ソチ冬季五輪で採用する新種目を検討すると明らかにした。

候補に挙がっているのは、日本勢の活躍が期待できるフィギュアスケートの団体など10種目前後。2月のバンクーバー五輪では採用が見送られたノルディックスキー・ジャンプの女子も検討される。

このほか若者に人気が高いスノーボードのスロープスタイルやフリースタイルスキーのハーフパイプ、バイアスロンの混合リレー、リュージュの団体などが審議される。(共同)



【関連記事】
14年ソチ冬季五輪新種目 スロープスタイルなど要望