J20101018028a9紅葉ゴンドラを運行中のマウントジーンズスキー場(中大倉山)で紅葉が見ごろを迎えた。

同スキー場によると今年の紅葉は例年より約1週間遅め。猛暑の影響で紅葉の色づきが心配されたが、ゴヨウツツジやカエデ、ナナカマドなどが鮮やかに発色している。

現在は山頂駅周辺の五葉道とブナ道の散策コースでピークを迎え、これから月末にかけてゴンドラ周辺や山腹で色づきが進むという。大田原市から訪れた主婦室井征子さん(68)は「木によってはきれいに紅葉しているが、まだちょっと早いかな」と話していた。

ゴンドラの運行は11月7日まで。山麓駅の近くでは秋ヒマワリも見られる。問い合わせは同スキー場電話0287・77・2300。

【紅葉ゴンドラ】▽営業 11月7日まで▽時間 午前8時30分(土日祝は午前8時)〜午後3時30分▽料金 大人(中学生以上)1400円、子ども1000円

【紅葉の見ごろ】現在色づき始めたのは山頂駅周辺。これから月末にかけてゴンドラ周辺や山腹で色づきが進む。11月上旬には那須高原一帯が色づく。
(下野新聞)