スノーボードのワールドカップ(W杯)は10日、オランダのランドグラーフで男女パラレル回転が行われ、竹内智香(広島ホームテレビ)は決勝トーナメント1回戦で敗れて16位だった。

男子では斯波正樹(ジャパンファクトリー)が同1回戦で敗れて11位。戸崎啓貴(Nuts)は予選敗退で26位だった。

女子はエカテリーナ・ツジゲシェワ(ロシア)が制し、男子はアンドレアス・プロメガー(オーストリア)が優勝した。
(時事通信)