ヨネックス、スノーボードクロス競技者向けカーボンスノーボード「MEISTER HH」を発売ヨネックスは、スノーボードクロス競技者向けの新製品カーボンスノーボード「MEISTER HH」(マイスターHH)を発売する。

これは、スノーボードクロスの千村格選手(2006年トリノオリンピック出場、2010年全日本スキー選手権大会優勝)が開発に携わり、2009-2010シーズンで使用し好成績を連発。当初は来シーズンモデルとして販売する予定だったが、多くの消費者から千村選手使用ボードに関する問い合わせを得て、急遽今シーズンモデルとして発売することにしたとのこと。

スノーボードクロスは複数の構造物のある硬い雪上を滑走し、着順を競う競技で、スピードだけでなく板の安定性や操作性も勝敗のカギとなる。MEISTER HH最大の特徴はそのフォルム。レース中の僅かな操作ミスが命取りとなる競技性を考慮し、ノーズ(板の先端)とテール(板の末端)の幅を広げた「ハンマーヘッド」形状にしたという。これでターン時に板を立てるとノーズからテール部までのエッジを使用でき、接雪長が長くなるという。これによってターンが安定し、カーブでのスピードロスや操作ミスの減少が期待できるとのこと。

また、ノーズ部分は通常に比べ板の反りあがり部分を長くとっているので、ターン導入時に板を立て始める際、雪面に引っかかることなくスムーズに入ることができるという。一方、フラットな面に戻ると接雪面が小さいため、操作性が高く、千村選手は「スノーボードクロスやアイシーな雪面用の板で、今までにない可能性を見せてくれる板」と話している。千村選手は2009-2010シーズンで引退となったが、同社ではMEISTER HHとともに、スノーボードクロスの競技発展や選手の育成に今後とも力を入れていくという。

[小売価格]12万6000円(税込)
[発売日]10月中旬

【お客様からのお問い合わせ先】
ヨネックス株式会社 スノーボード事業部
tel:03−3839−7192
http://www.yonex.co.jp/snow/

YONEX