スキーヤーらに安全な利用などを呼び掛ける注意書き=野沢温泉スキー場ゴンドラリフト乗り場下高井郡野沢温泉村の富井俊雄村長は10日、村が所有する野沢温泉スキー場を利用するスキー・スノーボード客に対し、コース外滑走で遭難した場合の救助費負担など自己責務を求める「村スキー場安全条例案」を村議会12月定例会に提出する考えを明らかにした。利用客のマナー向上や自己管理意識の徹底などが主な狙い。村は「同様の条例はほかに聞いた事がない」としている。

野沢温泉スキー場では、管理会社「野沢温泉」(河野博明社長)がリフト乗り場などに、コース外の滑走禁止や係員の指示に従うよう求める内容の注意書きを掲示。事前に係員が声掛けをしたにもかかわらずコース外で遭難するといった悪質な場合、同社はこれまでも救助要員の人件費など費用負担を求めてきた。だが、新雪を求めてコースを外れる利用客は後を絶たないという。

このため、来年1月に国内へのスキー伝来100周年を迎えるのを受け、河野社長が「節目のシーズンに、スキー客とスキー場との新たな付き合い方を全国に発信してはどうか」と村に提案。村側も「条例化することで規則に重みが増す」として条文などの検討に着手することにした。
村によると、利用客への注意義務のほか、管理者に対しても滑走に支障がないようコースを整えることや立ち入り禁止区域であることを示す印の設置などを義務付ける。ただ、罰則は設けない方針。捜索・救助費用の自己負担についても「例外なくというわけにはいかないだろう」(村長)としており、今後、スキー場関係者らも含めて詳細を詰めていく。

富井村長は「条例化することで、誰もが快適に過ごせるスキー場づくりにつながればいい」と話している。
(信濃毎日新聞)