スロープスタイル国際オリンピック委員会(IOC)は30日、2014年ソチ冬季五輪の新種目として、各競技団体からスノーボードのスロープスタイルやノルディックスキーのジャンプ女子、フィギュアスケート団体など4競技で要望が出されたことを明らかにした。

スロープスタイルは高額賞金大会「Xゲーム」で人気があり、長いコースにジャンプ台や障害物を設置して争う。

スキーはそのほか、スキーハーフパイプやアルペンチームパラレルなどを希望。バイアスロンは男女混合リレー、リュージュは団体を要望した。実施種目は10月のIOC理事会(メキシコ)で決める。
(共同)