北上市議会は24日、経営難が続く同市の夏油(げとう)温泉スキー場への補助金1967万円を盛り込んだ一般会計補正予算案について、補助金分を削除した修正動議を賛成17人、反対11人で可決した。

補助金は、スキー場を運営する夏油高原開発の地代を市が負担するもの。修正動議は市議6人が提案した。伊藤彬市長は「会社に撤退されると困る。市民が納得できるスキー場のあり方を議論する必要がある」と話した。
(毎日新聞)