大人2人が車中泊もできるコンパクトミニバン 「フリード スパイク」 ホンダホンダは広い荷室空間を持つコンパクトミニバン「フリード スパイク」を発売した。既存の「フリード」の3列目シートを取り払って2列シート5人乗りとし、最大容量1184Lの荷室を確保。2列目シートを倒せば、1×2mのフラットな床を持つ空間をつくれる。大人2人が横になり、車中泊も可能だ。

後部開口部は幅1160×高さ1080mmと広く、マウンテンバイクやスノーボード、家庭菜園用農機具など大型のレジャー用品も簡単に積み込める。ホンダはアウトドアライフを楽しむユーザー向けに売り込む構えだ。

【ベンチマーク商品なし】
車中泊ができるような室内設計のコンパクトミニバンは他にないので、絶対評価とした。

【日経産業地域研究所研究員の視点】
シルバー世代の大量退職や節約ブームのなかで、最近、マイカーで旅行して車中泊をする人が増えている。ただ、コンパクトカーなど小型車は車室内が狭く、のびのびと横になれないというネックがあった。

フリード スパイクのフラットで広い床面は、宿泊にも十分なスペースを確保できる。多彩なシートアレンジなどと合わせ、アウトドアライフを楽しむユーザーの人気を集めそうだ。売れ行き次第で他メーカーが追随する可能性もあるだろう。

価格 159万8000〜246万8000円
販売目標 月間2500台
発売 7月9日
サイズ(Gエアロ、FF) 全長4210×全幅1695×全高1715mm
エンジン/排気量 水冷直列4気筒横置/1496cc
最高出力 エンジン118ps/6600rpm
10.15モード燃費 16.4km/L
車両重量 1290kg

(日本経済新聞)