Brightaの第4作作品は『Simple Ride』

Brightaスタート時のコンセプトは"フリーライディングMOVIE"を掲げてスタートしましたが、今のシーンに流されつつパークやストリートの撮影も行っていました。

しかし、今回の第4作にしてようやく当初の目標でもある"フリーライディングMOVIE"に辿り着きました。ネームバリューのあるライダーであったり、今の日本のスノーボードシーンの主流のパーク、JIBといったものから離れて理想とするスノーボードを目指して撮影を重ねました。

撮影はパークやストリートの撮影は一切行わず、多くを自然の中での撮影に費やし、ライダーはひたすらにハイクを重ねました。それは今作のタイトルでもある『ただそこに滑りたい斜面があるから登る』というスノーボーダーとしては最もシンプルで大切な部分を表現しています。

その結果、Brighta Simple Rideでは今のガールズシーンという枠を超えた作品に仕上がっています。

"フリーライディングこそスノーボードの原点"
そう思わせる『Brighta Simple Ride』
"NO PARK, NO STREET, NO JIBBING "



『Simple Ride』購入はこちら