成田童夢、タレントで金!?スノボと両立(写真:サンケイスポーツ)2006年トリノ五輪代表のスノーボード選手、成田童夢(24)が芸能界に進出することが13日、分かった。

大阪の芸能プロダクション「リアルム」と契約を結び、このほど所属。14年ソチ五輪をめざして現役生活を続けながら、タレント活動との両立に意欲を見せており、第1弾企画として1日1000回のブログ更新という世界記録に挑戦する。

36位に終わったトリノ五輪から4年。成田童夢が芸能界に進出する。

大阪市内でサンケイスポーツの取材に応じた童夢によると、知人の紹介で今年1月からリアルムに所属。初心に帰ろうと5月に拠点を故郷の大阪に移した。

現在、トランポリンやウェークボードなどのトレーニングに励んでいるが、「スノーボードと芸能界、自分が露出するのは一緒。なんせ、目立つことが大好きなので」とタレント活動も視野に。「身長(1メートル62)が低いんでモデルは難しいと思いますが、いろんなことをやっていけたら」。音楽活動や俳優業、お笑いなど「全部、興味があります」と意欲的だ。

第1弾として、1日1000回のブログ更新を企画。これまで岩手県のタレント、ふじポン(31)が1日に271回、アイドルの中川翔子(25)が231回の更新回数を記録しているが、1000回に成功すれば、それらをはるかに上回り、世界一の快挙になる。

ただ、1分に1回以上更新しなければならず、大阪の各地で通行人と写真を撮り、それを1枚ずつ更新していくという作戦。すでに400枚の撮影に成功したという。

21日午前零時から大阪市内の特設ブースで更新を開始する予定で、「僕の指が、どれだけもつか…。最後の1秒まで頑張ります」と決意を語った。失敗した場合は丸刈りになり、「それも、もちろんアップします」。

ソチ五輪もめざしており、「今季は全日本優勝が目標。W杯上位入賞をめざして、一歩ずつです」と気合。競技とタレント活動の両立については「スノーボードも『表現』なので、アスリートとアーティストを足して2で割った『アーティストリート』の代表として頑張りたい」と誓った。

まずはブログで金メダルをめざし、タレントとしてスタートを切る。
(サンケイスポーツ)