国母和宏全日本スキー連盟(SAJ)は5日、東京都内で理事会を開き、10〜11年シーズンのナショナルチームメンバーを承認した。バンクーバー五輪のスノーボード・ハーフパイプで8位入賞の国母和宏は「プロ活動に専念したい」という本人の意向で外れた。

国際スキー連盟(FIS)の主催するワールドカップ(W杯)などには出場できなくなる。

今季のメンバーはバンクーバー五輪で2大会連続メダルなしに終わった影響で、遠征費などが全額補助される強化指定Aランクの選手が昨季の22人から10人に。ジャンプの岡部孝信(雪印)やアルペンの皆川賢太郎(竹村総合設備)らがBに降格した。
(毎日新聞)