山形県最上町観光協会の青年部メンバーら若者有志が主催する野外コンサート「MOGAMI ROCK FESTIVAL(モガミロックフェスティバル)’10」が8月7日、最上町の赤倉温泉スキー場で開かれる。

青森市の「ザ・ウェイバー」、東京の「ラフィン・ノーズ」「ニコチン」など県内外から17のバンド・個人が出演する。新進バンドによるストリートライブ「みちくさ亭」もあり、仙台市の「ソンソン弁当箱」など8組が競う。

地元の魅力を幅広く伝える狙いで、昨年デビューした町内産そば粉によるワッフル「ソバッフル」や、町特産品のアスパラガスを使った新作を販売。赤倉、瀬見両温泉の伝統芸能も披露される。

フェスティバルは今年が2回目。若者有志が「おらだずに金はないが、夢はある」を合言葉に意気投合し、昨年8月の初開催にこぎ着けた。実行委員長の矢口優太さん(25)は「地域密着に徹し、ほかの過疎地にも勇気を与えられるようなイベントにしたい」と意気込んでいる。

午前9時開演。入場料は前売り大人5000円(当日券6000円)、中高生は当日券のみで2500円。連絡先は町観光協会0233(43)2233。
(河北新報)