5日午後0時45分頃、長野県立科町芦田の白樺高原国際スキー場にある「ゴンドラリフト」が停止、乗客計14人が約1時間半にわたって宙づりとなり、女性1人が軽い脱水症状となった。

ほかの乗客にけがなどはなかった。

佐久署によると、運行していたのは6人乗りのゴンドラ32台で、うち4台に観光客が乗っていた。同署が原因を調べている。
(読売新聞)