民間信用調査会社の帝国データバンク前橋支店は30日、不動産業「上州開発」(前橋市大手町)が4月19日に前橋地裁から特別清算の開始決定を受けたと発表した。負債総額は約20億円。

同支店によると、同社は67年設立。かたしな高原スキー場や、かたしな高原ホテルなどを経営し、90年3月期には約6億3600万円の売上高を計上した。しかしスキー人口の減少などから利用客数が減り、09年3月期の売上高は約4億円にとどまり、債務超過が続いていた。

同社が行ってきたスキー場などの事業は、会社分割された「大都開発」(片品村越本)が継続している。
(毎日新聞)