片品村スキー場連絡協議会と同村民宿旅館組合連合会は26日、沼田市から片品村までの国道120号で「クリーン作戦」を実施し、スキー場や宿泊施設の関係者ら約30人が道路脇に捨てられたごみを拾い集めた。

大型連休を前にスキーシーズンのごみを片づけ、観光客に気分良く来てもらおうと、毎年この時期に実施している。参加者たちは道路を歩きながら、空き缶や紙くず、弁当の空き箱などを一つ一つ拾い、集まったごみは計約470キロになった。
(毎日新聞)