バンクーバー五輪で問題になった腰パン国母ルック全日本スキー連盟(SAJ)は24日、都内で競技本部会議を開き、日本代表選手の「行動規範」を策定すると決めた。バンクーバー五輪スノーボード男子ハーフパイプ(HP)代表の国母和宏(21=東海大)の服装問題を反省し、再発防止策として初めて定めるもので、この日原案をまとめた。4月中旬の理事会に提出し、承認される見通しだ。

古川年正常務理事によると、規範は5〜6項目で「常識的な内容」という。原案には「日本人の若者のかがみとなる」「スキースポーツの向上と発展に努力する」「きちんとした服装をし、ピアスや茶髪などは禁止」などの内容が盛り込まれた。日本代表選手は来季から、規範を順守するという誓約書にサインすることが義務付けられる。サインしなければ、W杯や五輪などSAJが派遣にかかわる大会の代表にはなれない。

もちろん、国母ら有力選手も例外ではない。萩原文和スノーボード部長は「国母君が五輪にまた出たいならサインするだけ。Xゲームなど(プロ大会)に出るだけならサインは必要ない」と明言。古川常務理事は「プライベートまで干渉しない。ピアスは、代表として大会に出る時に外してくれればいい」と話した。

原案がまとまった規範はジャンプ、複合、距離、アルペンスキー、フリースタイルスキー、スノーボードの各種目共通のもの。この日の会議では、例えばスノーボードなら「腰パン禁止」など、種目別の規範の策定も提案されたといい、各種目の担当者は3月中に、案をまとめて競技本部に提出することになった。鼻ピアスや腰パンなどの“国母流ファッション”が、絶体絶命のピンチを迎えた。
(日刊スポーツ)