USオープンで優勝し笑顔を見せる国母(AP)スノーボードのバンクーバー五輪男子ハーフパイプ(HP)8位入賞の国母和宏(21=東海大)が、97・17点(100点満点)をマークして優勝した。

同五輪金メダルのホワイト(米国)は出場しなかったが、銀メダルのピロイネン(フィンランド)や銅メダルのラゴ(米国)を抑えて頂点に立った。

五輪では公式服装のシャツをズボンから出し、ズボンを下げた「腰パン」姿が問題となったが、あらためて世界トップクラスの実力を証明した。

大会のホームページには「他の部門で友人が優勝していたので、この勝利がよりうれしかった」という国母のコメントが掲載された。

ブログでは「Hahahahahahahahahahahahhaha!!!! やってやったぜ」「気持ち良かったなー イっちまいそうだったぜ」と喜びを表現している。

女子決勝では岡田良菜(らな、19=フッド)が77・00点で5位に入った。
(日刊スポーツ)