スノーボードのワールドカップ(W杯)は20日、スペインのラモリナでハーフパイプ最終戦が行われ、男子はフレデリク・アウストボ(ノルウェー)が制した。種目別得点ではジャスティン・ラムルー(カナダ)が優勝し、国母和宏(東海大)は5位だった。

女子はホリー・クロフォード(オーストラリア)が勝ち、種目別は蔡雪桐(中国)が優勝。岡田良菜(フッド)は17位。
(時事通信)