14日午前8時10分ごろ、野沢温泉村の野沢温泉スキー場上ノ平ゲレンデで、スキーで滑走していた神奈川県真鶴町真鶴の音楽家、中村信さん(54)がリフトの支柱に衝突。中村さんは頭を強く打ち、ドクターヘリで長野市内の病院に運ばれたが、死亡が確認された。

飯山署などによると、中村さんはスキー愛好家が集まる「野沢温泉はとぐるまカップ大会」に参加していた。大会は競技会ではなく、今年で4回目。午前8時の一斉スタート後、参加者約170人が順次、初級コースを滑っていたところ、支柱にぶつかったという。中村さんはヘルメットを着けていた。

大会実行委は「何回も野沢温泉に来てくれていた。スキー上級者だったのに、どうしてこんなことに」と残念がった。
(毎日新聞)