ビッグローブの口コミ分析サービス「感°Report(かんどれぽーと)」がバンクーバー冬季五輪に関するTwitter上の“つぶやき”を分析。期間中もっともつぶやかれたのは「浅田真央」だった。(RBB TODAY)ビッグローブの口コミ分析サービス「感°Report(かんどれぽーと)」がバンクーバー冬季五輪に関するブログ記事やTwitter上の“つぶやき”を分析。期間中もっともつぶやかれたのは「浅田真央」だった。

「感°Report」ではバンクーバー冬季五輪期間中のブログやTwitterを分析してその結果を発表。ブログでの“五輪”“オリンピック”等の書込みは、計109,661件。ツイッターでは20万件以上となった。注目の高い競技の開催にあわせて投稿が集中しており、Twitterでは2月13日の「開会式」、2月19日「フィギュア男子」、2月22日「女子フィギュアSP」、2月24日「女子フィギュアフリー」の4日間に大きくツイートされたことがわかる。

選手名での書き込み数ランキングではトップは「浅田真央」で、2位は「金妍児(キム・ヨナ)」、3位に服装問題で有名になったスノーボードの「國母和宏」が入った。メダリストたちに匹敵する書き込み、つぶやきがあったということだ。以下、4位「高橋大輔」、5位「上村愛子」、6位「プルシェンコ」となっている。
(RBB TODAY)