井上市長(右)に全日本選手権出場を報告する太田君=宮津市鶴賀・宮津市役所長野県で4日から開催されるスノーボード全日本選手権に出場する橋立中2年の太田哲史君(14)=京都府宮津市江尻=がこのほど、同市の井上正嗣市長に出場報告した。

出場するのは、タイムを争うデュアルスラロームと技を競うハーフパイプの2種目。太田君は小学2年からスノーボードを始め、毎週末に愛媛県の室内練習場でトレーニングを積んでいる。2月の西日本大会で好成績を収め、全日本選手権の出場権を勝ち取った。

市役所を訪れた太田君は「1位になれるように頑張ります」と抱負を語り、井上市長は「市内から全日本の選手が出るのは素晴らしい。頑張ってきて下さい」と激励した。
(京都新聞)