スノーボード男子ハーフパイプのバンクーバー五輪代表・国母和宏(21=東海大)が、27日に北海道・札幌真駒内セキスイハイムスタジアムで行われるストレートジャンプ大会「トヨタ・ビッグ・エア」に出場しないことが分かった。

国母はバンクーバーへの渡航時に公式スーツのシャツのすそを出し、ズボンを腰まで下げた“腰パン”姿が問題となったが、競技では日本勢最高の8位入賞。注目度の高さと実力に、21日の帰国後から主催者サイドが出場を打診していた。
(スポニチアネックス)