サイバーショット「DSC-TX5」ソニーは2010年2月18日、光学式手ブレ補正機能搭載の防水デジタルスチルカメラとして世界最小・最薄のサイバーショット「DSC-TX5」を、3月5日に発売すると発表した。市場推定価格は4万円前後。

この製品は、水深 3.0mで60分間の撮影試験、1.5mからの落下衝撃試験、−10度の低温下での動作試験をクリアする堅牢性を備えたデジタルスチルカメラ。水中での撮影や、スキー場などの雪降るなかでの撮影など、幅広いシーンでの撮影を楽しむことができる。

また、操作にはタッチパネルを採用し、本体サイズが幅約94.0mm×高さ約56.9mm×奥行き約 17.7mm(突起部含まず)と、薄型なのも特長。幅広い撮影範囲をカバーする広角25mm・光学4倍ズームレンズや、暗い室内や夜景などの暗所でもノイズの少ない高画質な写真撮影が可能な、有効1,020万画素1/2.4型 CMOS センサー“Exmor R”も搭載した。

さらに機能面では、人物の顔や被写体の動きに対応した「スイングパノラマ(顔・動き対応)」や、セルフタイマー機能に撮影者の顔を検出し、最適な構図で自動撮影をしてくれる「自分撮りタイマー」を搭載した。

画像管理ソフト「PMB(Picture Motion Browser)」のデザインも、従来と比べよりシンプルに一新ししたほか、カメラ内蔵の PC ソフト「PMB ポータブル」を起動すれば、画像をパソコンに取り込むことなく手軽に画像共有サイトや SNS などへアップロードできる。
(japan.internet.com)