「SAMURAI」の真っ黒マウスピースをつけた国母スノーボードの男子ハーフパイプ代表で、出国時の公式服装問題で謝罪した国母和宏(21)=東海大=が15日(日本時間16日)の公式練習後、取材に応じた。「迷惑かけた人にいい滑りを見せたい」と誓った国母の口元には「SAMURAI」の文字が光る黒いマウスピースがキラリ。国母が所属する、北海道を拠点とするトップスノーボーダー集団「真七人侍」を意味するとみられる。

約2時間の練習では、縦回転の大技「マックツイスト」を決めるなど絶好調。練習中にルイ・ビトー(米国)と話し込んでいたが、「(その内容を)言ったら(新聞の)1面飾っちゃうんで」。元気も取り戻した。

17日(日本時間18日)に行われる競技はスーパースターのショーン・ホワイト(米国)が優勝候補。国母も地元紙では銀メダルと予想され、「自信? あります」と不敵な笑み。朝青龍も顔負けのヒールチャンピオンを目指す。
(サンケイスポーツ)