北杜市大泉町の「サンメドウズ清里スキー場」で3月6日、小学生対象のスポーツ雪合戦体験会が初めて開かれる。体験会を主催する県雪合戦連盟は参加者を募集している。

雪合戦は1チーム7人で対戦し、雪玉を投げ合う。敵陣の旗を奪うか、雪玉を相手選手により多く投げ当てられるかで勝敗を決める。体験会は、7日に行われる県雪合戦大会のプレイベントとして企画された。

参加は無料で、小学4〜6年の男女7〜9人と成人の引率者1人以上を1チームとして、6チーム(計60人)程度の参加を受け付ける。参加申し込みはファクス(0551・48・2252)などで2月21日まで受け付けている。問い合わせは同連盟(電話0551・48・2200)。
(毎日新聞)