白山瀬女高原スキー場(白山市)で11日朝、リフト座席がワイヤーロープから落下する事故があった。けが人はなかった。その後、当該リフトは運休したが、他のリフトの営業は続けたという。国土交通省北陸信越運輸局は「重大な事態に発展する可能性が極めて大きかった」として、スキー場の運営会社「スノーエリアマネジメント白山」(同市)に原因究明と再発防止を求める警告文書を出した。報告があったのは12日午前になってからで、遅れた点も会社側に厳重注意した。

同局によると、11日午前9時半ごろ、同スキー場の高速ペアリフト(長さ1067メートル、2人乗り)で、座席1個がロープから外れ落下。乗っていた客1人は直前に高さ約2メートルから飛び降り無事。停止したリフト上から客12人が救助された。他に、2カ所で前後の座席がずれて衝突し、1カ所でロープが支柱の滑車から外れていた。ワイヤー凍結などの可能性があり、同局では点検態勢に問題がなかったかなどを13日から現地調査する。
(毎日新聞)