6日午後7時40分ごろ、長野県山ノ内町の志賀高原・前山スキー場で雪崩が発生し、国道292号を越えて硯川ホテルの1階ロビーに流れ込んだ。窓ガラス2枚が割れ、1階売店にいた神奈川県逗子市の男性(50)と妻(44)がガラスの破片で手やひざに軽いけがをした。宿泊客は約200人いたが、他にけがはなかった。

県警中野署によると、雪崩は幅約30メートル。ホテル駐車場にあった乗用車15台が埋もれたほか、観光バス2台が押し流された。同ホテルによると、スキー場は今冬営業しておらず、圧雪などの整備はされていなかったという。

ホテル関係者は「バリバリと音がした。バスが壁になって被害が少なく済んだのではないか。今シーズンは雪が多いが、雪崩が起きたのは創業60年で初めて」と話した。

長野地方気象台によると、志賀高原に近い飯山市の同日午後7時現在の積雪量は156センチだった。
(毎日新聞)