北米で人気の総合競技大会で賞金総額100万ドル(約9千万円)の冬季Xゲームは29日、米コロラド州アスペンで行われ、バンクーバー冬季五輪の前哨戦となったスノーボードのスーパーパイプ男子決勝で、同五輪ハーフパイプ(HP)代表の国母(こくぼ)和宏(東海大)が91.00点で3位に入る健闘を見せた。

国母は横3回転の連続技から大技の「ダブルコーク」を決めて得点を伸ばした。トリノ五輪HP金メダルのショーン・ホワイト(米)が95.33点で優勝し、2位はユーリ・ポドラドチコフ(スイス)の93.66点だった。(共同)