日本海側の増毛町の暑寒別岳では、24日から1人で山に入った南富良野町の25歳の男性会社員が、25日頂上から下山する際、道に迷い、警察に救助を求めています。26日朝、地元の警察や消防などが救助に向かっています。

会社員にけがはなく、テントや食料も持っていて、現在、標高1250メートル付近でビバークしていますが、現場付近は視界不良で救助は難航しています。

一方、洞爺湖に近いルスツリゾートのスキー場では、香港からの男性観光客1人が行方不明になっています。この男性は25日午前11時ごろ、スキー場の山頂で仲間と別れたあとホテルに戻らず、行方が分からなくなりました。

警察やスキー場関係者などが25日夜に引き続き、26日午前8時前から捜索していますが、現場はリフトも運航できないほどの猛吹雪で、捜索は難航しています。
(TBS)

動画はこちら
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4340526.html