◇最高タイムは男子・目黒、女子・本名選手
県スキー連盟公認の「第37回只見毎日杯ジャイアントスラローム大会」(只見町、同町スキー協会、毎日新聞社共催)が24日、同町の只見スキー場で開かれた。男子8部門、女子4部門に選手80人が出場した。青空も顔をのぞかせる穏やかな空の下でスピードを競い、選手の家族ら観衆約100人が声援を送った。

大会は、旗門数21本と20本の計2回の滑りで、合計タイムを競った。男子は中学で優勝した目黒郷選手(同町スキースポーツ少年団)が1分3秒88、女子は一般で優勝した本名恵理佳選手(川口高)が1分6秒98を記録し、それぞれ男女の最高タイムをたたき出した。【金寿英】

◇自分の滑りできた

○…中学男子で優勝した只見町スキースポーツ少年団の目黒郷選手は、外足でしっかり踏み込むターンを心掛け、「自分の滑りができた」と喜んだ。最も意識した相手は同じ中学1年生で、14日の県中体連の回転で優勝した土橋銀平選手(南郷jrレーシング)。「同級生に負けることが多く、絶対に勝ちたかった」。3月に出場するジュニアオリンピック(山形市)では「レベルの高い選手に近付けるように頑張りたい」と意気込む。

◇各部門の記録
◆男子
▽小学1部(1)渡部賢太郎(只見町スキースポーツ少年団)1分14秒99(2)菊地朝仁(たかつえレーシング)1分18秒04(3)目黒冬馬(南郷jrレーシング)1分18秒76▽小学2部(1)白岩拓朗(喜多方スキースポーツ少年団)1分7秒86(2)長谷部宏仁(フォーチュンスポーツ少年団)1分8秒13(3)武藤憲(熱塩加納スキースポーツ少年団)1分9秒35

▽中学(1)目黒郷(只見町スキースポーツ少年団)1分3秒88(2)菊地大樹(たかつえレーシング)1分4秒68(3)土橋銀平(南郷jrレーシング)1分6秒17

▽少年(1)五十嵐渉(三島町スキースポーツ少年団)1分10秒46

▽成年1部(1)岩佐俊祐(只見スキー協会)1分3秒91(2)梁取那緒(専修大)1分4秒20(3)新国健道(只見スキー協会)1分4秒69

▽成年2部(1)目黒英樹(喜多方スキークラブ)1分4秒34▽成年3部(1)星弘(湯之谷スキークラブ)1分8秒03(2)小野寺信雄(東北電力福島)1分10秒90(3)板橋泰二郎(三島町スキースポーツ少年団)1分15秒24

▽シニア(1)舟木孝一(同)1分12秒88(2)坂本易雄(須賀川スキークラブ)1分26秒76(3)鈴木隆司(県マスターズスキー協会)1分30秒94

◆女子
▽小学1部(1)猪股向日葵(スクエアレーシング)1分17秒95(2)白岩真帆(喜多方スキースポーツ少年団)1分19秒17(3)菊地由芽(柳津町スポーツ少年団)1分23秒18▽小学2部(1)佐藤萌(柳津町スポーツ少年団)1分12秒64(2)中丸玲菜(南郷jrレーシング)1分13秒70(3)目黒綾菜(同)1分13秒79

▽中学(1)栗田いつき(金山スポーツ少年団)1分9秒48(2)白岩いつか(喜多方スキースポーツ少年団)1分11秒00(3)目黒里佳子(三島町スキースポーツ少年団)1分13秒29

▽一般(1)本名恵理佳(川口高)1分6秒98(2)諏佐遥(金山スキークラブ)1分8秒66(3)石川沙亜弥(神奈川大)1分8秒86

(毎日新聞)