宮崎県五ケ瀬町にある全国最南端のスキー場、五ケ瀬ハイランドスキー場で17日、上級者用コース(全長650メートル)が2年ぶりに開放された。

急斜面のために雪が積もりにくく、暖冬で使えない年もあるが、今シーズンは雪が続き、積雪約120センチに達した。

同スキー場によると、上級者用コースは最大斜度30度。昨年末から相次いだ寒波に伴い、天然の雪と人工降雪機を使った設営作業が順調に進んだ。

日中も気温が氷点下の真冬日もあり、「ゲレンデはこの数年で最高の状態」という。

スキー場は昨年12月18日に、今シーズンの営業を開始。

初級者用コース(同千メートル)は既に開放されている。

同スキー場=0982(83)2144。
(西日本新聞)