石川遼男子ゴルフの賞金王、石川遼(18)=パナソニック=が16日、新潟・湯沢町で4日間のスキー合宿を開始した。遼クンが初めて訪れた湯沢町では、除雪車2台を使い、道路やクロスカントリーコースを整備。来年以降もスキー合宿をしてもらい、町興しの起爆剤にしようと、町が全面バックアップに乗り出した。

気温32度のタイから帰国したのもつかの間、翌日のこの日にはもう、氷点下3度の新潟・湯沢町に入った遼クンが、早速スキー合宿を開始した。

「(今年)初めての雪でビックリしています。湯沢町長にも来ていただき、温かく出迎えてくれて感謝しています」

遼クンが白銀の世界で合宿を行うのは、今年で3年目。下半身強化にクロスカントリースキーを取り入れており、地元の小学生20人と一緒にアップダウンがある2・5キロコースを3周し、計7・5キロを走破した。

「毎年、お世話になると考えているので、(今後も)湯沢町に相談して要望を出していきたい」

湯沢町も、“ウエルカム・遼クン”だ。この日は上村清隆町長(63)が直々に会場を訪問し、遼クンに花束を贈呈した。そもそもクロスカントリーの会場はゴルフ場で、冬季は閉鎖中。だが、町では遼クンの要望に応え、宿舎から近いゴルフ場をクロスカントリーコースに仕立て上げた。また、ゴルフ場までの道路は例年、閉鎖されているが、遼クンの合宿に合わせて除雪車2台で約60万円かけて、約4キロにわたり除雪を行った。

湯沢町といえば、13のスキー場があり、92年には年間800万人のスキー客が集まった。だが、昨年は300万人と約3分の1に激減。そこで町は遼クンを町興しの起爆剤にするため、今回のような全面バックアップ態勢を敷いたのだ。

「スキー合宿をして毎年、成績がいいので今年もそうなればいい」と遼クン。過去2年間は驚異の成長を遂げ、昨年は早くも賞金王に登り詰めた。4日間のスキー合宿で、さらなる高みへとステップアップしていく。
(サンケイスポーツ)