一面の銀世界となった国立公園大山の中の原スキー場。鮮やかなシュプールを描くのは、地元のスキークラブのメンバーやパトロール隊員たちです。

23日朝のゲレンデの積雪は60センチと、近年になく雪に恵まれたスキーシーズンの幕明けとなりました。スキー場開き祭には、およそ1700人が参加し、くす玉を割って、今シーズンの安全を祈りました。

「楽しい」「大山最高!」(スキー客)

温暖化の影響からか、毎年雪不足に悩まされる大山のスキー場。今シーズンは、前のシーズンを6万人上回る20万人の人出を見込んでいます。
(TBS)

動画はこちら
http://news.tbs.co.jp/20091223/newseye/tbs_newseye4315587.html