初滑りを楽しむ子供たち=愛知県豊根村の茶臼山高原スキー場で2009年12月19日、加藤新市撮影愛知県内唯一のスキー場「茶臼山高原スキー場」(同県豊根村)で19日、スキー場開きがあり、オープンを待ちわびたスキーヤーたちが初滑りを楽しんだ。

暖冬で心配された積雪も人工雪と前日から降り出した雪で、ゲレンデは白銀の世界に。全面滑走には至らなかったが、長さ約100メートル、幅約60メートルのファミリーゲレンデが滑走可能になった。雪が舞う中、テープカットに続いて、訪れた家族連れらは思い思いのシュプールを描いていた。営業は10年3月中旬まで。
(毎日新聞)