宮崎県五ケ瀬町にある日本最南端のスキー場、五ケ瀬ハイランドスキー場が18日、今季の営業を始めた。このところの寒波で積雪は約45センチに。真っ白に染まったゲレンデで、九州各地から訪れた客がスキーやスノーボードの初滑りを楽しんだ。

標高約1600メートルの同スキー場は同日朝、氷点下9度まで冷え込んだ。熊本県美里町の会社員大堀貴宏さん(29)は「毎年来ているけれど、これほどのパウダースノーは初めて」と、新雪の感触を楽しんでいた。

営業時間は午前8時−午後4時半。来年3月初旬までの期間中は無休。同スキー場=0982(83)2144。
(西日本新聞)