「鳥の巣」の愛称で親しまれた北京オリンピックのメーンスタジアムが、12月19日から人工スキー場としてリニューアルオープンします。
リニューアルオープンする「鳥の巣」を取材しました。

オリンピック競技場の中に、雪山ができていた。
数々の世界新記録を生み出した競技トラックも、白銀の世界に様代わりしていた。
維持費が日本円で年間およそ8億円かかるといわれる「鳥の巣」。
2008年9月から有料で一般公開され、その費用を確保してきたが、冬場は客足が減っていた。

冬季限定でスキー場をオープンし、多くの人を集めようという試みだった。
主催者側は「『鳥の巣』は世界的にも有名なので、きっと多くの客が来るでしょう」と話した。

一部の招待客に公開されたこの日も、評判は上々だった。
訪れた客は「市内でスキーができるなんて、とてもいいわ」と話した。
しかし、すぐ近くには、閑古鳥の鳴く施設があった。
各国のプレスが一堂に会したメディアセンターは、ショッピングモールとなる予定だったが、いまだにテナントが入っていなかった。

関係者は「(いつオープンするんですか?)広告を張っているだけで、まだ内装も始まっていないわ」と話した。

莫大(ばくだい)な予算を投じ、建設されたオリンピック施設。
うたげのあと、各施設は厳しい現実に直面している。
(FFN)

動画はこちら⇒ http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00168605.html