スノーボードのUSグランプリは12日、米コロラド州カッパーマウンテンでハーフパイプの決勝が行われ、女子は山岡聡子(アネックス)が2回目に40.2点をマークして3位に入った。男子は1月の世界選手権覇者の青野令(松山大)が34.0点で9位だった。

男子はトリノ五輪金メダルのショーン・ホワイト、女子はソルトレークシティー五輪金メダルのケリー・クラーク(ともに米国)が優勝した。
(時事通信)