青森市雲谷のモヤヒルズで12日、スキー場開きがあった。同日は安全祈願祭に続き、ゲレンデが無料開放される予定だったが、積雪が0センチ(同日午前8時現在)のため、開放は中止となった。

スキー場を管理運営する青森市観光レクリエーション振興財団(電話017・764・1110)によると、毎年12月の第2土曜にスキー場開きをする。

しかし昨年も、少雪でオープンから営業開始まで10日かかった。積雪30〜40センチがバロメーターになるといい、最近は、クリスマス前後の営業開始になる傾向が強い。

来年3月末までの冬季営業期間中、10万人の来場者を目標にしている。

同財団の斎藤久夫さん(50)は「いつでも営業できる準備はできている。とにかく早く雪が降ってほしい」と話していた。

青森地方気象台によると、14日以降は西高東低の冬型の気圧配置の日が続き、山沿いを中心にある程度の積雪が予想されるという。
(毎日新聞)