スキー場開きがあり、関係者らが見守る中で動き始めたリフト(京丹後市弥栄町・スイス村スキー場)京都府京丹後市弥栄町のスイス村スキー場で12日、スキー場開きがあり、関係者らが盛況と安全を祈願した。現在、ゲレンデに積雪はなく、今後、積雪の状況を見ながら営業を始めるという。

スイス村スキー場は、京丹後市弥栄町と伊根町の境の太鼓山(648メートル)を頂上に3基のリフトを備える。今年はオープンから25年の節目に当たり、式典には府や市の関係者ら約30人が出席した。

安全を祈願する神事に続く式典で、スキー場を管理運営するスイス村スキー場管理組合の大江俊太郎社長は昨シーズンの営業日数が45日で、入り込み客数が5231人だったと報告。「スキー教室での利用も多く、今後も京丹後市のスポーツの拠点、教育の場として営業を続けたい」と決意を述べた。
(京都新聞)