さっそく豪快な滑りを満喫するスノーボーダー。風を切り宙を舞った(高島市・箱館山スキー場)滋賀県内スキー場のトップを切って、高島市今津町の箱館山スキー場で3日、スキー場開きがあり、招待客らが一足早く雪の感触を満喫した。

人工降雪機で造った第2ゲレンデ(全長約300メートル、幅約20メートル)では、カラフルなウエアのスキーヤーやスノーボーダーらが風を切り、思い思いのシュプールを描いた。併設されたキッズパークでも地元の今津北小1年生計18人がそり遊びに歓声を上げていた。

同スキー場は、四つのゲレンデに11コースあり、晴れた日には奥琵琶湖の絶景が望める。営業は5日からで今季は9万人の来場を見込んでいる。
(京都新聞)