八幡平市の安比高原スキー場が22日、今月末に予定しているスキー場開き前に2日間、プレオープンした。

ここ数日の寒さと21日のまとまった降雪で、約50センチの雪が積もったゲレンデには、午前9時の営業開始から続々とスキー客らが訪れ、午前中だけでも約500人が今シーズンの初滑りを満喫した。

友人らとスノーボードを楽しんでいた、盛岡市天昌寺の会社員、佐藤広和さん(25)は「天気も良くて、とても気持ちいいです。待っていたかいがありました」と笑顔だった。

同スキー場は23日も営業し、今月28日から本格的な営業を始める。
(毎日新聞)